ハワイアンレストラン トニーズ ラハイナ
NEWS  
 トニー・ムラタの
'意外と知らない ハワイ食事情' =コラム=
第二回 ロコモコとは?
2015年09月25日

ロコモコの起源については前回書かせてもらいましたが、重要なのはそのロコモコがどう言ったものであるかという点だろう。

ロコモコにもハワイでは定義があります。
その基準と言えるスタンダードなロコモコとは、ご飯の上にハンバーガーパティ、目玉焼き、そして絶対外せないのがグレービー(ソース)だ。

ロコモコにとってグレービーは味噌汁で言う味噌の様なもので、味噌が入ってない汁を味噌汁と呼べない様に、ロコモコにグレービーがかかってないなんてまぁありえない。

ただハワイでもアレンジは存在してるのが現状で、ハンバーガパティを乗せず別の食材、例えばグリルチキンやフィッシュフライに代えりはよく目にする。
そしてご飯が白米に限らずフライドライス(炒飯)だったり、目玉焼きをスクランブルエッグにしたり。同じプレートに野菜が少し添えられたり。

でも決まってグレービーをかけてるのだ。
それが日本では違うソースをかけてるものが多い原因は定かではないが、考えられる事由としては、@作り手がグレービーの味を知らない。Aグレービーが日本人の口に合わないと決めつけている。Bそもそもグレービーをかけることすら知らない。等だろう。

そして面白いことに、日系食のハワイのロコフードは、日本に輸入され、別物になり、ハワイに逆逆輸入されている。
そのネーミングは「Japanese LOCOMOCO」なのだ。

寛容なハワイアンでも、やはりハンバーグライス化したロコモコの様なものには、区別化して呼ぶところがアイデンティティなのかもしれない。

そぉ言えばロコモコのサイドはマカロニ(サラダ)であることが多い。
それにも実は日系人の絡んだ歴史があるので、それはまた今度にお話させてもらいましょう。



画像



HomeNewsInformationFoodsDrinksAccessLink
HAWAIIAN FOODS & DRINKS TONY'S LAHAINA
山口市湯田温泉1-7-33 Phone 083-932-1472 mail info@tonys.tv
 
HOME NEWS INFORMATION ACCESS Foods Drinks